• カスタマーソリューション事業部 営業二課 課長2011年 / 新卒

    清水 優太

  • オフィスソリューション事業部 営業一課 リーダー2014年 / 新卒

    廣瀬 佑磨

記念すべき第一回目のデジコミクロストークは、先輩×後輩クロストーク!入社したきっかけやお互いの印象など、社員インタビューとはまた違った角度から語られるリアルなデジコミトークが盛り沢山です。読み終わった後にはきっと、"こんな頼もしい先輩たちと一緒に働きたい!"と思ってもらえるはずです。…多分。笑

Q. デジコミに入社したいと思った理由を教えてください。

  • え〜っと…僕はバイト先が近かったからです!ってのは冗談で…(笑)営業職に就きたいとは思ってたんですけど、当時はどういう商材を売りたいかっていう明確なものがなかったんですよね。だから一番の決め手は、自分の成果によって、インセンティブという形で評価してもらえるってところが大きかったかな。

  • 確かにインセンティブは大きいですよね!清水さんはどうでしたか?

  • 一番は、勉強したくなかったから(笑)いやでも実際、営業職って資格とか必要ないし、己のみで勝負!っていうのがよかったんだよね。

  • 確かに!営業は己の力で勝負の世界ですもんね。

  • そう。その中でも複合機やコピー機ってありふれた商品だし、性能や値段にもそんなに差がないじゃない。だからそういう商材を、"人の力だけで売る"って部分に、自分はすごく魅力を感じたかな。

Q. お互いの第一印象はどうでしたか?

  • ぶっちゃけていいですか…?サークルの先輩にめっちゃ似てる!!!だから最初から親近感がありました(笑)

  • それ、普段からよく言ってますよね?笑

  • そうだね、ぶっちゃけでもなんでもないか(笑)あとはやっぱり、数字ゴリゴリやってる!ってイメージ。ただ、清水さんだけ空気が違ったんですよ。やっぱり数字やってる人って、仕事に没頭してるというか、ちょっと近づきがたい雰囲気が漂ってるんです。でも清水さんは、部下たちの面倒も見てくれつつ、それでいて数字もしっかりやってる!ってイメージだったなぁ。

  • いいこと言うじゃん(笑)

  • 清水さんは廣瀬さんの第一印象、どうでしたか?

  • んー、ヤバかったね…!第一印象は本当、社会人なめてるのかな?って感じだった。しかも廣瀬はスタートがよかったんだよね。同期の中で一人だけ結果出してて。その結果、さらに調子にのるという。笑

  • そうですね(笑)朝礼でウィンクとかしてましたもんね(笑)でも今清水さんが言ってたように、最初はホント、常に調子に乗ってました。でもそこからの1年間で、色々と転機があったんです。

  • ある時にね、同期に成績抜かれちゃったんだよね。それで心入れ替えたんだよな。あとはあれでしょ?初めて人から認められたって実感した仕事。伝説の、朝の5時半アポイント。笑

  • え?!朝の5時半ですか!?

  • そうそう!「朝の5時半なら時間やる!」ってお客様に言われたんですよ。「普通の営業マンからは買いたくない。この日なら色々な会社の社長が集まる会合に出てるから、そこに来て、全員の前でプレゼンテーションしろ!」って言われて。

  • あれは流石に会社からも行かなくていいって言われてたよね。

  • そうなんです。会社からは、時間も時間だし行かなくてもいいって言われたんです。でも、どうしても行きたい!って話をしたら、その時の上司が「そんなに言うなら俺が責任取るから行ってこい!」って言ってくれて。それでまだ入社1年目の10月に、数十人の社長の前でプレゼンテーションをしました。

  • いい話!ドラマみたい!笑 すごい経験ですね…。それで、結果はどうだったんですか…?

  • バッチリ契約頂けました!!!

  • やりましたね!それがきっかけで、やっぱり変わりました?

  • 変わった!心を入れ替えてからは、なんか運気も良くなった気がして。笑

  • そこからは大分頼もしくなったよな。今では新規開拓のリーダーとして、会社からも信頼されてるし。

  • あざっす!笑

  • 逆に廣瀬さんは、清水さんのイメージって当時から何か変わりましたか?

  • 変わらない。清水さんはずっと、一番頼れる先輩です。

  • それもう一回言って。笑

  • (笑)いやでも本当に、清水さんがいると働きやすさが全然違うんですよね。今は課が違うんですけど、分からないことがあったらとりあえず清水さんに聞きに行くし。社内では、とにかくなんでも知ってる人!って感じかな。

  • 素晴らしい先輩だね…!

  • 清水さん、それ私が言うことです。笑

Q. 会社の雰囲気はどんな感じですか?

  • 会社の雰囲気は…ゆるい、いや違うか…ゆるいっていっちゃダメか。笑 いや、ゆるくはないんですよ。特に僕の課は、新規のお客様に電話で営業をかける課だから、一日に100件以上電話したりとか、仕事中はすごくストイックです。でも、仕事の後とか休憩中は、みんなで和気あいあいとしてます!笑顔の多い会社ってイメージかな。

  • 先輩と後輩の関係性とかはどうですか?

  • 僕の場合はないです(笑)そうか、そういうところがゆるいのか(笑)

  • 僕の課も和気あいあいとやってるかな、ちょっと仲良すぎるかなって感じもあるけど…(笑)でも当然、お客様先に入ったら真面目にやるし、お客様先に行くまでにもしっかりと仕事の段取りは組みます。それに僕の課は、既にご契約頂いているお客様へのご案内だから、他の部署とも連携を取らないといけないので、社内で友好的な関係性を築くことは、すごく大事なことだなと思ってます。

  • みんなあんまり年が離れてないから、仲良くしやすいってところもあるかもしれないですね。

  • そうだね!だから新卒の子たちも、比較的馴染みやすい環境ではあると思う!

Q. 仕事中に心がけていることはありますか?

  • ズバリ、電話のコール件数ですね。僕は入社から今までずっと新規開拓の課にいるんですけど、最初の頃は飛び込み営業のほうがうまくいくんじゃないかな?って思ってました。でも、実際色々なことに挑戦させてもらって分かったのは、結局電話が一番いいってこと。短い時間で多くの人と話せるし、なにより効率的ですからね。

  • なるほど〜。廣瀬さんも、契約を頂いたお客様に関してはその後もご自分で対応されてますよね?そういうお客様に対して、何か心がけてることってありますか?

  • 自分のお客様に対しては、数か月に1度、用事がなくても必ず連絡するようにしてるかな。あとは近くに行った時とか、ひょっこり顔を出して雑談とかしたりして。

  • 雑談だけですか?

  • そういう時もあるよ。でも、そういう雑談の中から、お客様のニーズを聞き取って、時にはそこから新しい契約を頂くこともあったりするので、お客様先に行くのはすごく大事なことだと思ってる。

  • なるほど!確かにそういうコミュニケーションは大事ですよね!
    清水さんはどうですか?

  • 自分でいいなって思ったもの以外は売らない!ってことかな。デジコミは商社だから、各メーカーから色々な商材を引いてくることができる。あとは正直、売るとメーカーからボーナスが出る機械もあったりするんだよね。でもやっぱりそこじゃなくて、数多くある商材の中から、自分が本当にいいなって思う機械だけをお客様に売るように心がけてるかな。

  • それは大切なことですよね。

  • そう。僕たちが売ってる商材は、1度契約すると少なくとも5、6年の付き合いになる。だからこそ、少しでもいいものを使って、お客様に快適に仕事をしてほしい。あとは、あんまり自分が理解できていないものを売ってしまうと、お客様から何か聞かれた時にちゃんと対応できなかったりするしね。人間関係を築いた上で契約してもらってるから、そこで自分が、分かりません。なんて言っちゃったらお終いなんで。

Q. 学生時代にやっておいてよかったことはありますか?

  • んー…自分の場合、あんまり仕事に繋がってることがない気がするけど…(笑)でもしいて言うなら、色々な人と関わってきたことですかね!サークルで知り合った友達に「今度会社立ち上げるからその時は頼む!」って言われたり、色々な業種の友達がいるから、そういう話を聞く中で、こういう業界に営業掛けていけばいいのか!とか、こんな提案も出来るじゃん!とか、色々考えられたりはするかな。

  • いやめっちゃ役に立ってるじゃないですか!笑

  • そうだね!確かに(笑)人との繋がりは大事かもね。

  • 清水さんはどうですか?

  • まぁありきたりだけど、スポーツはやっておいて良かったかな。

  • それは絶対思います!!!

  • 上下関係の規律もそうだし、忍耐力とかライバル意識とか、同期には負けたくない!って思う気持ちとかね。

  • ですね。それはすごく大きいかもしれないですね。

Q. 今後の目標を教えてください。

  • 今はリーダーという役職なんで、次は主任に昇格できるよう頑張っています。現状だと、リーダーだけどあんまり後輩の面倒とかを細かく見れていないなって自分で感じてるんです。今後は更に新しい後輩が増えていくだろうし、そうなるとやっぱり自分のことだけではなく、後輩の面倒も見つつ、チームとして一緒に上がっていけたらなと思ってます。

  • 清水さんはどうですか?

  • 今はもうある程度、プレーヤーとしてはやりきったかなと思っているので、今後は部下に、自分のスキルを引き継いでいきたいなと思ってます。
    そして自分は、楽をする。

  • 最後の一言(笑)

  • でも本当に、少し外に出るのを控えて、一歩下がった位の目線で、後輩の育成とか管理とかをもっとできたらなと。自分のお客様も、ゆくゆくは後輩に任せてもいいかなぁとも思ってるし。

  • 凄いな!器のデカさ!!!僕だったら自分のお客様は絶対に手放したくない!

  • でも今年も新卒の子達が入ってくるし、デジコミは今中途採用にも積極的だから、今後人数もどんどん増えていくだろうしね。だから自分の課も、組織としてちゃんと成り立つようにしていきたいなと思ってます。

では最後に、就活生の皆さんに一言お願いします!

  • 沢山遊んで、沢山楽しんで下さい!!

  • それ、私が学生の頃も言われました。笑

  • いやでも本当に、それだけなんだよな〜。今のうちに、学生のうちじゃないとできない遊びを沢山して下さい!

  • 今のうちにって、社会人になるとそんなに遊べなくなるんですか?

  • いや、社会人になったらなったで、社会人にしかできない遊びや楽しさはもちろんあるよ。でもやっぱり、学生の時の楽しさとは違う。だから学生のうちは、その時にしかできない遊びや経験を沢山して下さいってことですかね。

  • なるほど。では清水さんからも一言お願いします。

  • なんか廣瀬がいいこと言っちゃったからな〜、もっといいこと言わないと。笑 でも確かに社会人になるとね、そんなに友達も増えないから、今のうちに増やしておいた方がいいと思います。

  • 確かに(笑)

  • 学生の頃とはまたガラリと環境も変わるし、仕事で遠くに行っちゃう人とかも居たりするからね。だから今のうちに連絡とって、沢山遊んでおいた方がいいかなと。

  • あれ?言ってること俺とあんまり変わらない。笑

  • うん、そこはね、同じです。笑

  • ではお二人とも、今日は色々なお話を聞かせて頂きありがとうございました!学生の皆さんもきっと、こんな頼もしい先輩たちと一緒に働きたい!と思ったはずです。

  • ほんとに?大丈夫かな?笑

  • 大丈夫ですよ!!是非、僕たちと一緒にデジコミで働きましょう〜!

  • いえーい。

  • デジコミクロストーク、いかがでしたか?
    後輩はちゃんと先輩の背中を見て育っているし、先輩も後輩の挫折や成長をしっかりと見届けていて、とても理想的な関係性だなと思いました!
    でもこの二人、飲み会では立場が逆転するみたいです(笑)デジコミなら、こんな素敵な仲間がきっと出来ると思いますよ…☆

終わり。